お知らせ 地ビール

大麦収穫に行ってきました【クラフトビールづくり】

更新日:


 

大麦収穫-埼玉新聞6.12
先日当会HPでも紹介させていただいた埼玉新聞の記事。
「川口の醸造長らクラフトビール作り」
http://araijuku2011.jp/beer20_06/

行田で行われた大麦収穫に当会メンバーもおじゃましてきました。

7日はかなりの夏日に関わらず、
GROW BREW HOUSEの岩立醸造長をはじめとした40人が収穫作業をしました。
オール県産のクラフトビール作りは始まったばかり。
イチから作るって楽しいですよね。
今後、クラフトビールの工程を当会HPでもお知らせしていきたいとおもいます。
まずは、収穫の様子をご紹介します。

 

大麦収穫行ってきました!

場所は埼玉・行田のはせがわ農園さん。現代表で14代目だそうです。

最近リニューアルオープンしたそうです。農園直売所の再オープンの文字が見えますね。

自分の所で収穫したお米や梨を使ったサイダー、ワインボトルの様なのはクラフトビールです。
お米・ビールなどのオンラインショップもやっています。

栄養豊富な黒米もあります。

収穫作業はなかなかの重労働。助っ人少ないのかなぁ~って思っていたら。何だかんだで50~60人は居ました。
税務署職員をはじめ、テレ玉、埼玉新聞社の取材陣も・・・
なんだか賑やかになっています。収穫作業も捗りそうですね。

はせがわ農園さんの麦畑。こちらは収穫後です。

まずは説明ですね。はせがわ農園の長谷川さん。

これは「もち麦」という品種。麦にもウルチ系とモチ系が有るそうで、触感がモチモチしているそうです。

ここが収穫する大麦畑。300m2(約90坪位)

麦の粒が大きいです。美味しいビールが出来そうですね。

説明を受けてシロウト集団が刈込みを始めました。頑張れ~(笑)

「ねぇーどうやってやるのよー・・・」という声。
楽しい収穫体験のようになってます。笑

大麦収穫のその後、川口の農家に運びました

収穫の後は、川口市の農家に到着。

収穫メンバーが大麦を運びます。充実してるなあ。

束ねた大麦を並べて干して、次回の準備をしました。

次々と運び乾燥できるように設置します。

年代物の脱穀機登場。この千歯扱きを使います。

次回は脱穀の模様をお届けします。
お楽しみに!by AGC副会長。

-お知らせ, 地ビール
-,

Copyright© 新井宿駅と地域まちづくり協議会 , 2020 All Rights Reserved.